テッド2の感想を書いていきます。

前作よりも予算もかけて作られたのは、オープニングのダンスシーンからもわかる。
ただ、パワーアップしたのは制作費用だけではなかった。
前作にもあったブラックジョークも大幅にパワーアップしています。
パワーアップしすぎて笑えないです。
日本では受け入れられない内容がかなりあります。
この作品を劇場で公開しようと決断した配給会社には驚かされます。
それぐらいタブーがあると思います。
薬物の名称は出てくるし、それを使用して暴れて窓から飛び降りるシーンや薬物使用が原因で子供が産めないことを宣告されるシーンをジョークで見せるのは、さすがにキツいです。
これを見てアメリカ人は笑えるのだろうかと気になって仕方がありませんでした。

前作のテッドも放送できないシーンは、カットしてテレビ放送していたけど、今回はさすがに大幅にカットできないだろうし放送がかなり困難な作品だと思います。
ある意味では、放送ができないぐらい最強の作品ということです。楽しめるかどうかは別問題ですが、私はダメでした。